記事
テスト
アニマル・癒し
    
病院が例外的に瀕死の飼い主を見舞うために犬を許可しましたが、結果、犬は病室に入るとすぐに泣きながらベッドに飛び乗りました...その後の光景は涙を誘います
2023/12/11

犬は人間の最も忠実な仲間であり、言葉を話すことはできませんが、飼い主の動きを常に敏感に感じ取ることがあります。アメリカのカリフォルニア州に住む33歳の男性、ライアン・ジェッセン(Ryan Jessen)はある日突然、激しい頭痛で入院しました。医師は彼の余命が長くないと宣告した後、家族は彼の愛犬モリー(Mollie)に飼い主との別れを許可しました。

▼ ライアンとモリーは以前から常に一緒の良き仲間でした。ある朝、ライアンは激しい頭痛に襲われ、自分の片頭痛が再発したと思っていましたが、その午後に緊急で病院に運ばれ、深い昏睡状態に陥りました。

▼ 治療を受けた後、医師はライアンが意識を取り戻す可能性が非常に低いと宣告し、家族は最悪の事態に備えるよう求められました。誰もが突然の悲報に耐え切れませんでしたが、ライアンと別れる前に、彼らは何も知らないモリーにそのことを伝えたかったのです。なぜなら、彼女は家でライアンが帰ってこないことを理解できずにじっと待っていたからです。

ライアンの家族は病院に懇願し、ようやく犬を連れて飼い主との別れを許可してもらいました。彼らによると、モリーは病院に向かう途中から異変を感じ取ったようで、非常に不安そうに見えました。

▼ モリーが病室に入ると、ベッドに横たわる飼い主を見て、彼女はすべてを理解したようでした。彼女はすぐに泣きながら病床に駆け寄り、飼い主をくんくん嗅いで、彼の状態を知ろうとしました。最後に、彼女は鼻先でライアンの顎をなぞり、静かに彼の胸に横たわりました。

最終的に、モリーはやはりライアンの家族に育てられることになりましたが、彼らは彼女がライアンを非常に懐かしんでおり、失った飼い主の悲しみに浸っているようで、なかなか立ち直れないと語っています。このような状況は本当に心を痛めますが、モリーが早く心を癒せることを願っています。

今牧輝琉が実感する“2.5次元の面白さ”「二次元のキャラクターを生身の人間が演じることで、深みが出てくる」
2024/02/22
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
2024/02/22
【個人視聴率で週間3位】萩本欽一が復帰した『仮装大賞』高視聴率が示した“家族全員で見られる番組”の可能性
2024/02/22
【動画】NHK・中川安奈アナが『あさイチ』担当を外れていた
2024/02/22
宮野真守は「むちゃくちゃディオ」「原作へのリスペクトがすごい」山里亮太が舞台『ジョジョ』を絶賛
2024/02/22
男闘呼組成田の不祥事とは!夜ヒット事件や弾いてないバンド説が衝撃?
2024/02/22
カウアン・オカモトとBD溝口勇児CEOが手打ち「許すよ」「ラブアンドピースで」
2024/02/22
つばきファクトリー新沼希空「これからもっと大きなグループになって」 後輩へエール
2024/02/22
やす子 トーマス映画で自衛官時代の免許生かす「役に入り込むことができました」
2024/02/22