《20代最後の年・佳子さまの歩み》幼少期から慕ってきた黒田清子さんを「ねえね」呼び、歴代内親王からの学びを“期待”される佳子さまの今後 | 週刊女性PRIME
2024/02/22

広告

2月になると、寒さの中にも春の息吹を感じる。「紅梅の花はもう、見ごろを迎えるだろうか」と思う私。皇族それぞれの「お印」はそれぞれの意匠を持ち、昭和天皇の娘である東久邇成子さんのお印は「紅梅」。戦後、混乱期を経て亡くなるまで、多くの子どもを育てた成子さんの人柄は多くの人々から賞賛された。また、来場者たちに手話を交えながら被災者に寄り添う佳子さまの姿が会場に感動を与える。これからも佳子さまは、内親王として「令和」の新しい時代に活躍することだろう。

広告

AD
記事
テスト