今牧輝琉が実感する“2.5次元の面白さ”「二次元のキャラクターを生身の人間が演じることで、深みが出てくる」
2024/02/22

広告

中学1年生の時に初めて舞台に立った今牧輝琉は、高校1年生の時に壁にぶつかりました。男子は成長すると声変わりや身長の変化で、子供と大人の役を演じるのが難しくなります。そんな時、出演中のミュージカル『テニスの王子様』の制作会社が男の子を集めた舞台に出演する機会を得て、2.5次元舞台と出会いました。今はミュージカル『テニスの王子様』シリーズで主人公の越前リョーマ役を務めており、2.5次元舞台の面白さに魅了されています。今後も2.5次元舞台に携わっていきたいと語っています。

広告

AD
記事
テスト