ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
2024/02/22

広告

宮藤官九郎のドラマ『不適切にもほどがある!』が話題となっている。昭和と令和を行き来しながら、昭和の文化や流行を振り返る内容が人気。小林久乃氏は、昭和からの警鐘としてクドカン作品を評価している。主人公の市郎が時代ごとに持論や言動を繰り返す展開が面白い。時代の対比やモラルの違いを描きながら、現代社会への問題提起も行われている。小林氏が選んだ4つのセリフに注目。物語は中盤を迎え、市郎と渚の関係性も複雑になっている。令和と昭和の違いや、時代の変化について考えさせられる内容だ。

広告

AD
記事
テスト